• ホーム
  • SEOを有効活用することは基本的に正攻法で行う

SEOを有効活用することは基本的に正攻法で行う

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOという言葉があります。
これらは黒と白と表現されているイメージの通りというか、ブラックの方は言うならば検索アルゴリズムの裏をかくとか、虚を突いて判定基準を誤魔化し、検索順位を不正に上げようとする行為や、そういった手法全般を指しております。

いくつか例を挙げると例えば判定のクローラーがサイトを訪れた際に、本来表示している内容と別の内容を閲覧させるように誘導することで、検索順位に良い影響が出る様にクローラーをだましたりする行為があります。
ワードサラダと呼ばれる要はいろいろな検索にかかりやすいワードをちりばめて、少しでも多くのアクセスや閲覧を荒稼ぎする手法などもこれに属します。

他にもそのサイトには合わない様な不自然リンクを購入したり張り付けることでアクセス数を稼ぐなどもこの対象と成りえます。
こういったサイトジャンルに合わない内容の不自然リンクやワードサラダ、もちろんクローラーの不正誘導などはスパム行為と判定され、見つかった場合には検索順位の降格や最悪の場合インデックスの削除(その後一切検索ワードにかからない状態)のペナルティを受けることもあります。
ブラックハット行為に抵触しないようにガイドラインをチェックするとともに、拡大解釈をしない様注意は必要です。
特にGoogle側のアルゴリズムの改善も常に行われていますので、悪いことは考えるなという事です。

ホワイトハットは逆に正当な方法や手順、課題点をガイドラインに基づき、サイトのジャンルに沿った内容で見直し、改善していく事でSEO評価を上げて検索順位を上げる方法です。
正常なサイト運営の在り方でもあり、訪れたユーザーに良質な情報やコンテンツを提供することに加え、自然な被リンクを受けるとともに、何かしらの疑問や情報収集を目的にしたユーザーに課題点の解決となる情報を提供しているなどSEOの評価はもちろんですが、ユーザーとしても閲覧しやすくわかりやすいサイトとなることを目指す手法です。

当然サイトのジャンル次第では全てが適しているとは限りませんので、こういったサイトのジャンルと逸脱する内容の情報かもしれないと思った時には、その情報内容をサテライト側に移しておいて、接点が生まれた際に相互リンクを接続するなどが好ましいあり方となります。
これらはユーザーにとっても見やすく、利用しやすいサイトとなりますので、SEOの評価も自然と向上する効果を望めるものです。

関連記事
人気記事一覧