• ホーム
  • 稼ぎたいとも紳士であるべき

稼ぎたいとも紳士であるべき

アフィリエイトサービスというシステムが、どういうものかを利用したことがある方は最近なら多いはずですが、Googleアドセンスもこれに当たります。
自分が運営するサイトやブログに広告を掲載して、クリック数に応じた報酬を得るという最近ではよく聞くクリック報酬型と呼ばれるもので、ワンクリックで数十円から数百円程度というところが相場です。
ほかのアフィリエイトサービスと変わらず、クリック報酬型なのでまずはサイトへのユーザーのアクセスが重要になりますし、当然継続的にアクセスを得なくては報酬は落ち込んでいきますので、自作コンテンツやリンクの拡大を狙わなくてはなりませんが、サイトを運営する上で、前述したとおり自作コンテンツやSEO対策としてのコンテンツを生み出すためにはある程度の費用が必要です。
その両方を満たそうと思えば、これほど適したシステムも無い、というのは実際のところなのですが、当然これを行うにも注意が必要です。

当然ですが、広告を出してくれる相手への印象などもありますので、Googleアドセンス側からの審査はかかります。
それを最低限クリアしなくてはなりませんし、報酬が付く以上ある程度のアカウント情報の要求もされます。
この点は相手がGoogleなのでそんな気になる部分ではないかと思います。

むしろ本当に注意するべきは、審査に通った後のリンクや自分のサイトへのユーザーの流れに、ある程度目を配った方が良いという事です。
ユーザーは全てが善意ではありませんし、そこに収入が絡んでくると特に悪意を持って接触して来たり、高額収入を得ている人にほど接触して来ては荒を探してくるアンチユーザーという存在も増えていきます。
単純にそれだけであれば、自作コンテンツを公開し続ける分には大きな問題ではないはずですが、例えば「このサイトは他所のサイトの情報を丸写しにしている」などと、言われも無い通報を受けたり、「別のサイトの権利を侵害する内容を掲載している」などという通報がされると、登録アカウントにペナルティを受けてしまうことがあります。
それが実際に根も葉も無いこじつけや嘘であればなんの問題もありません。

しかしこれが実際に「一時的アクセス数を稼ぐために少しくらい」などと安易に掲載した転載や嘘の情報だったなら、その通報で自分の検索順位を落としてしまうことにもなりかねません。
アフィリエイトサービスはサイト運営と合わせて行える効率的収入元に成りえますが、その分だけ他者の目が厳しくなり、それに自分が晒されるという事を常に意識することが大切です。

関連記事