• ホーム
  • トップレベルドメインは効果がないと明言されている

トップレベルドメインは効果がないと明言されている

色々なカーソル

トップレベルドメインと呼ばれるアドレスの末尾につく「com」「net」などの文字をよく見かけたことがあるかと思いますが、これらを取得することで一部の業者が「SEOに有利に働く」「SEO効果が見込める」などと宣伝している実例がありますが、トップレベルドメインはSEO効果には一切関係ないとGoogle側から明言がありました。
もちろんこれらは業者がそういった宣伝に使う事と、ユーザー側がそれは本当かという論議をずっと抱えていた問題でもあり、当然これが本当ならと多少の効果を望んでユーザーもそれらを含むドメインなどにSEO効果を期待してしまう事から話題になった話で、Google側から明言があった今でも「多少は効果があるのではないか」と、これらトップレベルドメインを利用するほうが良いと信じている人はいるはずです。

ただ、明言があった通りそれ自体には効果はありませんし、これを拘るのはある意味でおまじないみたいなものだと考えて良いでしょう。
誰にでもジンクスというモノはありますので全てを否定しません。
本人がこれなら大丈夫だと感じる安心感は、サイトを管理する人間側に影響がありますから、あながち有効という思考は間違いではないとも言えます。
あくまでもこれは思い込みや心理的効果の話ですが、実際にccTLDという国別ドメインに関しては少し話が違います。

これはその地域ごとのそこに住んでいるユーザーをターゲットとした検索結果に影響をもたらし、当然ccTLDに所属する地域からの接続ユーザーに優先的に同じワードでも良い文字列などとして上位に掛かりやすくなります。
日本に住んでいるユーザーなら「日本語のサイトに絞り込む」などのワードが検索結果の隅にリンクとして置かれているのを見かけたことがあるはずです。
これはccTLDに影響されていると思われますし、サーチコンソールなどの接続状態確認でもそれなりの影響があるはずです。

そういう意味では、これらのトップレベルドメインがどこかを気にするよりは、サーチコンソールの導入や、どういうワードが良い文字列としてSEOに効果的に作用するか、ターゲットとするユーザーが安心感をもって接続してくるサイト作りに神経を使った方が賢明です。
Googleサイドから効果はないと明言がありますので、聞きなれたワードとしてドットコムなどは検索ワードに成るかもしれませんが、そこまで大きな効果は得られないと考えて間違いないです。

関連記事
人気記事一覧