• ホーム
  • サテライトに中古ドメインを利用するメリットとデメリット

サテライトに中古ドメインを利用するメリットとデメリット

パソコンを使用する男性

サテライトサイトを作成する際に、中古ドメインの利用を考えるのもアクセス数を上げるうえで時間短縮という観点から有効手段に成る場合があります。
これはドメインランクというものがありまして、このドメインランクがGoolgeSEOに似ているというと少し違うのですが、検索する側からいうと似ている存在なのでドメインランクが高いドメインは検索順位が上昇しやすいという特徴があるために、サテライトにこのドメインを使うことで、単純なテンプレートの構成でも新規のドメインより検索ワードに引っかかりやすくなり、認知度を上げるなどの時間短縮が見込めて、中古ドメインとしては付加価値のあるものに成ります。

WordPressなど最近では簡単にサイトを開設できることもあり、それらをサテライトに利用することでメインサイトへのリンクを容易にしておくと、例えばですがサテライトのドメインランクで検索に引っかかりやすくなります。
そこで「こちらのサイトでさらに詳しく、わかりやすく解説してあります」などと情報とリンクを張り付けておけば、メインサイトへのアクセス数を増やせる上に、両サイトともに認知度を上げることができ、時間短縮を狙えるというわけです。
では、サテライトではなくメインサイトを中古ドメインで作ればいいのではと考える方も居るかもしれません。
これは安易に有効な効果ばかりでないことを考慮するとサテライトにこそ利用が向いているのがわかるかと思いますが、中古ドメインは必ずしも高評価ばかりではないという事です。
その中古ドメインがまだGoogleのインデックスとして残っている場合には、そのインデックスが持っているペナルティも同時に継続している可能性もあります。
検索上位に上がりやすくなる可能性以上に、このペナルティが残っているとそれだけで不利に働いてしまい、逆に事故物件的な付加価値を得てしまいます。

これらはそのドメインをしっかりと調べてからどういう使い方をするか検討しないと、メインサイトに利用したならいきなり手痛いペナルティを受けてしまっているなんてこともあり得ます。
まずは簡単にテンプレートでも十分なので、それがペナルティを受けているドメインで無いかを確認する必要があります。
WordPressのテンプレートなどはサイトを作成する上で見やすく使いやすいですので、簡易であってもサテライトに利用する前に、WordPressでサイトを作ってみて関連ワードが検索で引っかかるかとか、どの程度上位に表示されるかなどを検討してから利用するのもリスクを避ける上で重要と言えます。

関連記事
人気記事一覧