• ホーム
  • コンテンツSEOへの注目と基本知識

コンテンツSEOへの注目と基本知識

現代のインターネットが広まり、そこに業者が介入してビッグビジネスとなった昨今では、先に話をしたようなブラックハットSEOの様な見せかけだけのSEO対策は悪質とみなされるリスクが大きくなり、単純な被リンクの多さだけでは集客効果は一定数以上のアクセス数を得るのが難しくなってきています。
ここからはコンテンツSEOと呼ばれるさらに検索エンジンを意識したコンテンツの構成や良質なサイト運営のための集客効果を狙った手法などについてお話して参ります。

まず初めに、検索エンジンやアルゴリズムの進化とデータの送受信量(トラフィック)の増加について少し触れていきます。
前述したとおりブラックハットと呼ばれる手法がGoogleをはじめとした検索エンジンから敬遠されるようになり、それに対応したアップデートが施され検索エンジンのアルゴリズムはそういった悪意的アクセス数のみの増加や、ガイドラインと異なる手法での集客を排除する傾向になって、その分だけホワイトハットと呼ばれるガイドラインに沿った正当なコンテンツでの集客を良質と判定するようになりました。
それと同時にインターネット技術の発達により個人ユーザーレベルでもトラフィックは増加して、一昔前では難しかった個人での動画添付など、個人の発送でオリジナルコンテンツを生み出して掲載する方法や環境が整ってきています。

逆に言えば検索キーワードはそれだけ調べられやすいものほど、先にある有力サイトを追い抜くことは難しく、これらの一つの単語で多くの検索に掛かるものをビッグキーワード、逆にスペースなどを挟んでいくつもの単語で絞り込んで検索するのをスモールキーワードなどと呼びます。
オリジナル性はあるのにコンテンツが伸び悩むなどと言う方は、ビッグキーワードに加えてスモールキーワードでの集客効果を狙うことが、先にある競合サイトと肩を並べるための近道と言えるわけです。
ただ、先に存在する有力サイトである以上、そこ以上の良質なオリジナルコンテンツを生み出すというのには、当然費用や時間を要することに成るのは言うまでもありません。
コンテンツSEOとはそういったオリジナルで良質なコンテンツにより、自分に有利なSEO効果を狙ったモノです。
検索キーワードを上手く作り上げると同時に、いかに今手元で利用できるデータ量を活用してコンテンツSEOで優位に立つかがサイトへのアクセス数を維持向上させる課題と言えます。

関連記事