パソコンを使う女性

自分のメインサイトがどれだけ閲覧数を多く取れるか、それによりSEOの評価をいかにして上げて、検索上位に位置づけられるかというのはどれだけ良質なサテライトを構築できるかで大きくその速さや発展具合が変化します。
今回はメインサイト側の構築や構成以上に、サテライトを活用したSEOの良い影響を引き出す方法やどういった注意点が必要かなどを主に考えて参ります。

SEOに有効なサテライトサイトを作る上で、当然いくつか抑えておきたいことがあります。
まず第一に、なんといってもユーザーのニーズを考える事です。
これはどんな良質なコンテンツや情報量、見やすい構造を構築したとしても、それ自体をSEOは判定してくれませんのでSEOに高評価を受けるためにはユーザーニーズを抑えて閲覧数やアクセス数、被リンク数などを獲得する事がまず第一にSEOに良い影響を与えるための第一歩となります。

当然、ユーザーニーズを考える上ではマーケティングは必要になってきますし、そのための情報量は幾らでも多い方が良いのは言うまでもありません。
マーケティングと言えばやはり最近はタブレットやスマホと言ったデスクトップパソコン以外の接続は、外でも使えて尚且つ何かしらの情報が必要になった場合に、手元にスマホがあればすぐにでも検索してしまいます。
出先でタブレットを使って仕事や遊びをしている人にとっては、メインサイトにつなげなくてもサテライト側で必要情報だけでも閲覧・確認できれば十分になります。
そういう意味ではサテライト側にはレスポンシブ対応が有効と言えます。

レスポンシブ対応を取り入れることで、タブレットやスマホでのアクセス数を獲得しやすい構造を作り、もっとより高度な情報量を求める人には被リンクを使ってメインサイトに誘導することなどで両方の認知度の獲得と、自分以外からの被リンク数のさらなる獲得を狙えます。
マーケティングの上では単純に良質なコンテンツを追い求めるだけで無く、こういったユーザーがどういう手段で接続しているのかを考えたレスポンシブ対応サイトという事も必ず押さえておかなくてはなりません。
まずは概ね、押さえておきたいいくつかのポイントのお話をしました。
次はそれらのニーズを考える上で何が得策なのか、レスポンシブ対応を行う以外にも良い方法はないか、マーケティングする上で何に注目すべきかなどを細かく取り上げて参ります。

記事一覧

昨今のサイトにはパンくずリストというモノがあり、これがSEO対策に効果的と言われています。 サイトを...

バックリンクとは要するに被リンクの事で、他のサイトやネットワーク上に当サイトから以外の外部から接続さ...

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOという言葉があります。 これらは黒と白と表現されているイメ...

色々なカーソル

トップレベルドメインと呼ばれるアドレスの末尾につく「com」「net」などの文字をよく見かけたことが...

インターネット

中古ドメインを使う場合に、次に考えなくてはならないのが管理元です。 PureDomainを使ってその...

パソコンを使う人

では、中古ドメインが実際に良質なものかを調査する方法があるのかという話になりますが、実際に存在します...

パソコンを使用する男性

サテライトサイトを作成する際に、中古ドメインの利用を考えるのもアクセス数を上げるうえで時間短縮という...